スクリーンショット_2019-10-11_10

水嶋ヒロのバーチャル上の分身「ルイス ニューマン」誕生、実在する人物がバーチャルヒューマンへ

実在する俳優、水嶋ヒロのバーチャル上の分身(全てCG)が2019年10月11日にInstagramに登場した。名前はLewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)。水嶋ヒロは俳優、起業家として活躍し、最近YouTubeデビューしたことで話題だ。

その水嶋ヒロのバーチャル上の分身Lewis Hiro Newmanは、テクノロジーを活用し、新しい自分の人生を歩むため、生み出されたという。今後は、ファッション、アート、音楽等のジャンルで、グローバルな活動を予定している。また、活動していく上でAIとの融合で新たなクリエイティブコンテンツを生み出す事も視野に入れているようだ。

水嶋ヒロはInstagram上で以下のようにコメント。

この度、僕のバーチャル(全てCG)な分身が誕生しました。
名前は「Lewis [Hiro] Newman(ルイス ニューマン)※Hiroはミドルネーム」。

(中略)

なぜ分身を生むに至ったかというと‥
少し説明するのが難しいんだけど、昔選択したことが違ってたら、いまどんな人生になってただろうか‥?
なんて想像したことない?笑

(中略)

現実の世界では一つの人生しか歩めないけど、テクノロジーの進化によって、もう一人の自分で別の人生を生きることができる。
そんな時代も悪くないよね。

今回のバーチャルヒューマン化プロジェクトを手掛けたのは、バーチャルインフルエンサーの企画開発を手掛ける1sec(ワンセック)

1secは、日本初のメンズのバーチャルヒューマンLiam Nikuro(リアム・ニクロ)を生み出したことで有名だ。
バーチャルヒューマンといえば、約160万人(2019年10月現在)のフォロワーを持つLil Miquela(リル・ミケーラ)など、数多く存在。しかし実在の著名人をバーチャルヒューマン化したのは、1secのLewis Hiro Newmanが世界初だ。
1secは、第2弾以降も既にプロジェクトが進行中しており、国内、海外の著名人を随時バーチャルヒューマン化していく予定だという。

画像1

Image Credit : 1sec

バーチャルヒューマンは時間や場所に制限されない存在だ。実在する人物のバーチャルヒューマン化が今回をきっかけにより進めば、憧れの有名人や亡くなった人にそっくりのCGに、気軽に会える時代が来るかもしれない。
しかし、バーチャルとリアルの垣根がなくなってきたとき、何をもって人間と判断していくのか、人間らしさとは何なのか。そんな問に向き合わなければいけないのかもしれない。



参考:プレスリリース


ーーー
ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
66
国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZO研究所が独自の視点で発信していきます。ZOZO研究所→https://research.zozo.com/ #ファッションテック
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。