見出し画像

世界初、事前に転倒を予測できるスマートベルト「WELT PRO」、日常に溶け込むデザインとは

高齢化が進むにつれて、高齢者の見守りサービスが注目されている。見守りサービスの中でも特に多いのが「転倒検出機能」。Apple WatchやXenoma(ゼノマ)がCES2020で発表したスマートパジャマ「e-skin Sleep & Lounge」にも転倒検出機能がついている。e-skin Sleep & Loungeでは、着用者が転倒した場合、家族に連絡がいくようになっており、CES2020イノベーションアワードを受賞した。

転倒は身近な問題だ。アメリカでは、65歳以上の1/4が毎年転倒しており、負傷者は年間280億人にのぼるという

そのような転倒の問題を背景に、世界初の「転倒リスク予測」機能を搭載したスマートベルトWELT PRO(ウェルト プロ)がCES2020にて発表された。WELT PROはCES2020イノベーションアワードも受賞している。

スクリーンショット 2020-02-21 18.33.10

Image Credit : WELT

世界初の転倒リスク予測

既存のウェアラブルデバイスに搭載されている転倒検出機能は、あくまで転倒した後に通知がくる仕組みになっている。

一方WELT PROは、ユーザーの歩行パターンを分析し、転倒リスクを計測、事前に転倒を予防できるという。WELT PROをベルトとしてウエストに着用すると、埋め込まれたセンサーとアルゴリズムによって異常な歩行パターンから転倒リスクを計算。ユーザーが不安定な歩行パターンをし、高い転倒リスクを示した場合は、アプリによってユーザーの携帯に通知がくる仕組みだ。

Image Credit : YouTube by WELT

日常に溶け込むウェアラブル

他にも、WELT PROは各種センサーによって座っていた時間、歩数なども測定可能だ。またベルトの伸縮ではウエストや食べすぎといったデータも測定できる。

スクリーンショット 2020-02-21 18.34.07

Image Credit : WELT

高機能なWELT PROだが、特出すべきはそのデザイン性だ。レザーストラップはイタリア産のプレミアム牛革を使用。職人の手でつくられているWELT PROは、ファッションベルトとしても遜色ない見た目をしている。

高齢化社会の影響によって高機能なウェアラブル端末が沢山出ている現在。機能が高くても大型であることやデザイン性が低いことから日常になかなか取り入れられないウェアラブル端末も多い。一方WELT PROは、一般的なファッションベルトと見た目がかわらないため、新しい予防医学として使われていくだろう。

日本での一般発売は5月以降販売、価格は39,800円前後を予定している。


ーーー

ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら


ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
5
国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZOテクノロジーズが独自の視点で発信していきます。【公式Twitter開設しました】https://twitter.com/zt_ftn【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。