見出し画像

AI(人工知能)とデザイナーがコレクションを発表。エマリーエ×理研 AIP&東大 IIS&IRCN、AI導入の意図とは?

AIとデザイナーがドレスを作る。

そんな取り組みが2019年3月20日のamazon fashion weekで発表されました。
発表されたコレクションは、エマリーエ(EMarie)のデザイナーであるエマ理永と理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP)東京大学生産技術研究所(IIS)東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)の共同制作。

以前もご紹介したとおり、AIが服のデザインをするというものはいくつかありました。ですが実際に衣服に落とし込みコレクションで発表したということはほとんどなかったでしょう。

では今回のショーで取り入れられたAI、実際にどう使用されたのでしょうか。

Image Credit : ©JFWO/INFAS.com/Emarie

ドレスは主に3パターンから構成。
・AI×アーカイブ
・AI×パターンメイキング
・AI×自然界

AI×アーカイブ

鮮やかな色合いのプリントドレスは、過去エマリーエが発表してきたドレスの写真を500枚AIにラーニングさせ、出力された画像を立体的に仕上げたもの。
色の配置やモザイクパターンのプリントはAIで出力してこそのデザイン。デザイナー自身が選んだ生地やデザインを合わせることで、AIと人間、片方のみでは作成できなかったものが生み出せたのでしょう。

AI×パターンメイキング

モザイクパターンの出力画像とは別に、出力されたデザイン画像を元にドレーピングやフリルが施されたドレス。AIので生み出した画像をソースにさらに細かくデザイナーがデザインを作成、オートクチュールを中心にデザインを行ってきたエマ理永だからこそのドレスと言えるでしょう。

AI×自然界

さらに面白い取り組みとして、デザイナーのクリエーションのソースである自然界を元に作られたドレスも。中でも、AIが貝とエマリーエのスカートをラーニングさせ、出力されたデザインは貝をイメージさせるフォルムを残しつつエマ理永らしい斬新なドレスとなっていました。


今回の取り組みにはAIと人間の共生というメッセージが込められています。
AIとデザイナーが共生しクリエイトしていくということ、ニューロインテリジェンスという人間の脳に近い未来の人工知能を創造すること。

実際にファッションと共生するAIと考えてみると、レコメンドシステムなどユーザーや消費者側には馴染みがありますが、デザイナーや業界関係者視点で見るとまだ代表的な実用例は多くないでしょう。
ですが、だんだん私達の生活に溶け込んでいるAI。このコレクションでの取り組みをキッカケに、よりデザイナーやパタンナーなどと共生できるシステムや仕組みの発展に期待していきたいです。


ーーー
ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
20
国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZO研究所が独自の視点で発信していきます。ZOZO研究所→https://research.zozo.com/ #ファッションテック
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。