Fashion Tech News
誰もがクリエイターになれるメタバース: ZEPETO
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

誰もがクリエイターになれるメタバース: ZEPETO

Fashion Tech News

数あるメタバースのアプリケーションのなかで、現在躍進しているのが韓国のNAVERグループが提供している「ZEPETO(ゼペット)」だ。写真を撮るだけで自分のアバターを作るだけでなく、様々なアイテムを購入することで自由にファッションを楽しむこともできる。昨今では、InstagramやTikTokといったSNSでも目にする機会が増えてきただけでなく、著名人たちも愛用していることに気づいた人も多いだろう。

なぜZEPETOは、全世界的にも人気を集めることができたのだろうか。そこで今回NAVER Z Corporationの金希頻(キム・ヒビン)さんにインタビューを行い、ZEPETOの魅力と今後の展望について伺った。

※全文はこちら

ーーZEPETOの概要や立ち上げの経緯を教えてください。

簡単に言ってしまえば、ZEPETOはスマホで利用できるメタバースになります。元々はカメラアプリで有名なSNOWから派生したソーシャルアプリで、得意としていた顔認証の技術を生かしてアバターを作成し、仮想空間で他のユーザーとコミュニケーションを行える場を提供しています。他にも様々な機能を用意しており、アバターを元にアニメーションを作成することも可能となっています。

ーー全世界で3億人以上のユーザーがいらっしゃいますが、国際的に広く受け入れられている要因はどこにあるとお考えでしょうか。

現在、アメリカやフランスでも利用者が拡大していますが、主に日本や中国、タイなどのアジア圏を中心に人気を博しています。正確な数字を出している訳ではないのですが、5~10%は日本のユーザー、特にZ世代が占めています。
ZEPETOはSNSとしての役割も担っているので、ユーザー間でのソーシャライジングが活発に行われていることと、「ZEPETO」を主軸に活動しているゼペッター(インフルエンサー)の存在が利用者拡大の要因だと思います。アプリ内では自己表現のためのツールが多数用意されているので、現実の世界ではなかなか表現できなかったこと、たとえば髪型やメイク、ファッションといったスタイルの変化も、ZEPETOアバターを使えば簡単に楽しむことができます。

実際、ZEPETOの強みは、そうしたソーシャル活動とUGC(ユーザー生成コンテンツ)制作にあると思っています。私たちは「ZEPETO Studio」というユーザーが様々なコンテンツを制作、販売できるツールを提供しているのですが、その人気は非常に高く、ゼペッターが制作するアイテムは非常に注目されています。今では400万以上のアイテムがリリースされており、累積販売数としては1億5000万個以上となっています。

販売されているアイテムの中では、どのようなアイテムが人気を集めているのでしょうか。
大前提として、新しいアイデアが人気を集めています。ZEPETO内では、アイデアさえあればアイテムを製作し表現することができるので、誰もがファッションクリエイターになれるところが魅力となっています。実際に世の中で販売されているアイテムをそのまま3D化したものや、高級ブランドのバーチャルアイテムなど、これまでZEPETO内になかったデザインが制作されることで、新たなトレンドが生み出されています。

これまでコラボされた企業様はどういったところが多いのでしょうか。
ファッションやエンターテインメントといった形で100を超えるIPやブランドとタイアップをしてきました。ここ1、2年で大きな話題になったのはGUCCIなどのラグジュアリーブランドとの協業だと思います。実際にブランドが販売している洋服などを360度から撮影し、それをZEPETOでバーチャル化して販売しています。

ZEPETO内にある「ZEPETO World」は、どういったサービスを目的としたものなのでしょうか。

ZEPETO Worldはアバターを中心にしたメタバース空間で、ユーザーのバーチャル体験とアバターでのコミュニケーションを目的としたサービスです。実際にいくつかの空間に入っていただけるとわかるのですが、他のユーザーと交流したり、ゲームを楽しんでいる姿が見受けられるかと思います。

今まではユーザー向けのファッションやエンターテインメント分野を中心に、多くのIPやブランドとタイアップを行ってきました。現在は、ゲーム要素やエフェクトを追加した世界観なども提供していきたいと思っています。また、今後は様々な分野とのコラボレーションを通じて、より一層差別化されたサービスを目指していきますので、楽しみに待っていただければと思います。

【関連記事】


Fashion Tech News
【公式サイトをリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/