職人の技術と持ち主の思いを伝える「昭和ビンテージ洋品店 スミックス」の取り組み
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

職人の技術と持ち主の思いを伝える「昭和ビンテージ洋品店 スミックス」の取り組み

Fashion Tech News

昭和の令嬢たちが着用した衣服を扱う昭和ビンテージ洋品店 スミックス。後世に職人の技術と持ち主の思いを伝えるという考えのもと、商品の販売だけでなくテレビドラマなどの衣装協力も行っている。

これまでリアルイベントを中心に活動を行っていたが、コロナ禍の影響を受けてバーチャルショッピングを可能にした「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」を2月17日にオープンした。

昭和の魅力を伝えるために、DX化に際してどのような課題や工夫があったのか。今回、ダブルエスワールド代表の大西さんにお話を伺った。

① バーチャル店舗「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」

画像1

昭和ビンテージ洋品店 スミックスが、今回バーチャル空間に出店をした。それが「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」である。

最新の3D技術を用いることで、あらゆる角度から忠実に再現した質感や手触りを楽しめるバーチャルショッピングが可能となっている。

② 昭和ビンテージ博物館を実現するデジタル技術

3Dスキャン

細部には様々なこだわりがあり、また最新の3D技術がふんだんに用いられている。

博物館に例えられるバーチャル空間は、新宿伊勢丹のバーチャルショップを手掛けたCGworks社に空間制作を依頼し、こだわりを見事デザインに反映したとのこと。

③ ビンテージプロダクトの未来

画像3

同店は、いま無くなろうとしている昭和の高度な縫製技術を守り、知っていもらうというミッションがあるという。

「将来、昭和ビンテージ博物館を建てることで、昭和の日本経済を支えてきた職人へオマージュを捧げたい。そして、今もたくさんのお問い合わせをいただいている持ち主の、思い出と気持ちをこれからもずっと救っていきます」

※全文はこちらからご覧ください

Fashion Tech News では、今後もファッションやそれにまつわる記事を配信してまいります。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
Fashion Tech News
【サイトリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/ 今後は記事の全文配信はこちらのWebサイトから、noteでは記事の概要や裏側などをお伝えしていきます。