見出し画像

紫外線対策ができるファッションテック、ロレアルやアップルから登場

6月から8月にかけてピークに達すると言われている紫外線量。
紫外線は浴びすぎるとシミやシワだけでなく皮膚ガンや白内障といった健康被害を及ぼす可能性もある。今回は危険ながらも実感しにくい紫外線対策に有効なファッションテックを紹介する。

LA ROCHE-POSAY

Image Credit : Youtube by LA ROCHE-POSAY

L'Oréal(ロレアル)グループの敏感肌のためのスキンケアブランド、
LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)は、2019年6月11日(アメリカでは2018年11月)にウェアラブル紫外線計測センサー&専用アプリ「MY SKIN TRACK UV」を発表した。

MY SKIN TRACK UVは紫外線A波とB波を測定し、Appleのヘルスケアと連携している専用アプリで紫外線量や大気汚染、花粉、湿気などが確認できる。

またNFC(近距離無線通信)を利用しているため、ユーザーのスマートフォンから充電ができ、バッテリーフリーなのもポイントだ。

大きさも丸い部分の直径が約1.3cmと1円玉より小さく目立ちにくい。またワイヤークリップを使って服やカバンに簡単に取り付けられるため、ファッションの邪魔をせずに気軽に紫外線対策を取り入れられるアイテムと言えるだろう。

Image Credit : LA ROCHE-POSAY

LA ROCHE-POSAYは今までにも紫外線対策ができるファッションテックアイテムを発表している。
2016年にはシールの色の変化で紫外線量を認識できる「MY UV PATCH」、その後のCES 2018では爪に貼れる、小さな紫外線計測チップ「UV Sense」を発表した。

L'Oréalの調査によると、MY UV PATCHの利用者の34%がより日焼け止めを使うようになり、37%がより紫外線から肌を守ろうとするようになったという。
まず紫外線量を知ることが紫外線対策の第一歩といえるのかもしれない。


Apple

紫外線量の把握というと、AppleがApple Watch等で紫外線量を測れる機能の特許を取得している。
2018年11月20日に米国特許商標庁(USPTO)が公開したAppleの特許資料「UV dosimetry and exposure alert (紫外線測定と紫外線の浴びすぎの警告通知)」によるとApple Watchをイメージさせる携帯型多機能装置に多数の紫外線センサーが内蔵されている。それによって太陽にさらされた時間や紫外線量をユーザーに通知できるそうだ。また、場所と時間によって変化する紫外線量を事前に予測し、特に日焼けリスクの高い時間帯を前もって警告もできるという。

Apple Watchは既にUV指数を確認できるが、Web上のデータを使用している。これからは特許で申請された機能によってよりユーザーに沿った細かな紫外線対策ができるようになるのかもしれない。

Image Credit :  Apple

もちろんまだ特許段階であるため、実際にApple Watchに紫外線の機能が追加されるかは不明だ。しかし2018年7月にも「LIGHT-BASED SHIELDING DETECTION (日焼け止めが十分に塗られていない皮膚の部分を検出する機器)」の特許をだしていることから、Appleが紫外線対策に着目しているのは間違いないだろう。


SHELTECH®

紫外線量を把握した後は、紫外線対策のためUVカットアイテムを着用する人も多いのではないだろうか。

UVカットのファッションアイテムといえばユニクロなどが有名だが、新しいものでは2019年2月に冊海衣料株式会社がSHELTECH®という新素材を発表した。SHELTECH®はセラミックスを配合した特殊な素材でできており、UPF50+の紫外線を防止できる。
(UPF・・・日焼けするまでの時間の差を表しており、UPF50の衣類を着用すると、紫外線を肌に直接浴びてできた日焼けと同じ程度になるまで、約50倍の時間がかかるということになる。)

大手セレクトショップのJOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダート レリューム)ではSHELTECH®の素材を使用しセットアップやデニムなど様々な商品を作成、販売している。この商品は紫外線だけでなく、遮熱、接触冷感、吸水速乾、軽量、紫外線防止の5つの機能を備えており、ファッショナブルに夏の暑さや紫外線への対策が可能だ。

Image Credit :  JOURNAL STANDARD relume


気象庁の調査によると日本国内での紫外線量は長期的に増加しており、最近の気象変動も相まって紫外線対策の必要性が迫られている。
UVカットのファッションアイテムはまだまだベーシックなものが多い中、今回のようにファッション性を高めながらも機能性が高いファッションテックアイテムはこれからの紫外線対策に必要不可欠なものとなっていくだろう。


ーーー
ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
10

ZOZO FashionTechNews

国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZO研究所が独自の視点で発信していきます。ZOZO研究所→https://research.zozo.com/ #ファッションテック
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。