東京ガールズコレクションのメタバースを手がける:IMAGICA EEX
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東京ガールズコレクションのメタバースを手がける:IMAGICA EEX

Fashion Tech News

毎年開催されている大型ファッションイベント「東京ガールズコレクション(以下、TGC)」。コロナ禍だった2020年、2021年には無観客のオンライン配信だったが、今年は2年振りに有観客で開催された。

そんなTGCが2021年から取り組みの1つとして行っているのがメタバースだ。エンターテインメント・テクノロジー事業を行っている株式会社IMAGICA EEXと、TGCの企画・運営を行っている株式会社W TOKYOはTGCの世界観を完全再現した公式メタバース「バーチャルTGC」を共同でプロデュース。昨年公開したβ版から大幅に機能を拡大し、今年3月に本格的にローンチした。

どのようなバーチャル空間で、開催当日の反響はどんなものだったのだろうか。今回は「バーチャルTGC」について、株式会社IMAGICA EEXの取締役 COO 早川正祐さんに話を聞いていく。

※全文はこちらからご覧ください

① クリエイティブ×テクノロジー

画像1

IMAGICA EEXが設立したのは2年前。当時は新型コロナウイルスの感染拡大により、ライブ・エンターテインメント業界は大きな打撃を受けていた。そんな時だからこそ、IMAGICA GROUPが持つ「クリエイティブ×テクノロジー」で生み出す新しい映像体験が必要とされるのではないかと思い会社を設立したという。

「当社では設立当初から、様々なXR技術を活用したオンラインライブ配信の企画制作を実施しておりました。そのなかでアーティストから、観客との一体感や臨場感をもっと醸成できないかといった要望が強くあり、試行錯誤をしながら様々な企画に取り組んでおりました。具体的にはリモート観客の画面参加による合唱演出や、無観客の会場にXR技術を活用し、ペンライトを持った観客がまるでそこにいるかのような演出をしたり、ライブ中にアーティストからファンへメッセージや写真が届く演出などを実現してまいりました。」

画像2

3月21日のTGC開催当日には、実際の会場の映像をアプリ空間上のバーチャルTGCに臨場感のある映像で配信。開催後には、アプリ内でしか見られない特別なトークコンテンツの配信なども行った。

「メタバースには様々な考え方や手法があります。TGCのユーザー層は10〜20代を中心としたファッションが好きな方々です。そのためテレビやVRデバイス、オンラインゲームをするようなPCではなく、普段慣れ親しんだスマホで楽しめることが重要であると考えました。結果、バーチャルTGCも盛況で、想定以上のインストールが進んだのです。」

メタバース上では普段とは違った様々なコミュニケーションが生まれる。リアルよりも話しかけやすいと感じる人も多いだろう。実際にバーチャルTGC空間でも参加者同士がショーの感想を言い合ったり、一緒に遊ぶといった一体感が生まれていたそうだ。

② メタバースが当たり前の世界に

画像3

早川さんは、メタバースが今後より現実世界に浸透していくと話す。

「メタバースというバズワードはいずれなくなり、リアルとバーチャルが融合していくことが当たり前の世界になっていくと思います。流行りというよりも世の中の進化となり、元に戻ることはないでしょう。」

Fashion Tech News では、今後もファッションやそれにまつわる記事を配信してまいります。

ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
Fashion Tech News
【サイトリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/ 今後は記事の全文配信はこちらのWebサイトから、noteでは記事の概要や裏側などをお伝えしていきます。