韓国発の“バーチャルメイク体験”を提供するアプリ「Ticker」について解説
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

韓国発の“バーチャルメイク体験”を提供するアプリ「Ticker」について解説

Fashion Tech News

2020年からの新型コロナウイルス感染拡大により、化粧品ブランドはオフラインの店舗でのリアルなメイク体験を積極的に提供することができなくなった。そのため、擬似的にメイクを体験できるバーチャルメイクへの関心が高まっているが、技術的な制約により実際のメイクをテストするのと同じような満足感を得ることが難しいところもある。

そんななか、韓国で誕生したのが「Ticker」というアプリだ。このアプリでは革新的なFace追跡AR技術を利用し、あらゆる部位の細かいデジタル化粧やデジタル整形を可能にしている。

「Ticker」アプリは、次世代ビューティーテック企業である韓国の株式会社TACHYONB&Tが開発したアプリだ。未だかつてない技術やサービスを展開するという理念を持つ株式会社日本IPFS(以下、「日本IPFS」)との想いの一致から、2021年7月15日にMOU締結し、2021年10月に日本上陸を果たす。

「Ticker」とは、一体どんなアプリなのか。「Ticker」日本版を展開をしている、日本IPFSの栗田さんに話を聞いた。

① Tickerとは?

画像1

「Ticker」はバーチャルメイクを提供するビューティー・ライフ・プラットフォームだ。ARテクノロジーをベースにしたリアルタイムのフェイス・トラッキングを使用し、バーチャルメイクをアプリを通じて提供している。2021年の春に韓国でローンチ以来、ビューティー部門でGoogle Playチャート10週連続で1位になり、累積65万ダウンロードを記録するほどの人気のアプリとなった。

② リアルなメイク体験を実現

「Ticker」は現在15の特許を出願している。顔認識やそれに対応したメイクアップ、eコマースに関連した特許だ。そしてTickerの技術的な最大の強みは、これらのアプリケーション内のARコンテンツの構成にある。

また、アプリ内には、実際に発売しているデパコス商品や韓国コスメアイテムなどが試せるメイク機能も実装されている。実際に販売されているメイクアイテムを試せるこの機能が、Tickerの最大の利点でもあると話す。

③ 今後Tickerが力を入れるポイント

画像2

今後、「Ticker」アプリの力を入れていくポイントは大きく2つある。ひとつはビューティー業界のマーケティング、マガジン、コンテンツ会社などとの提携を増やすことだ。

もうひとつはデジタルビューティー体験。こちらは業界初となるコンセプトだそうで、インディーズからデザイナーズブランドまで様々なブランドとのコラボレーションを行っていく予定だ。

※全文はこちらからご覧ください

今後も、Fashion Tech Newsでは、ファッションテックやそれに関わる海外の最新事例についても、お届けしてまいります

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
Fashion Tech News
【サイトリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/ 今後は記事の全文配信はこちらのWebサイトから、noteでは記事の概要や裏側などをお伝えしていきます。