見出し画像

ショッピングでのコミュニケーションに注目、SNS×スタイリングサービス「Flip Fit」

オンラインスタイリングアプリFlip Fit(フリップフィット)をご存知だろうか。Flip Fitは、ユーザー同士が交流しながら商品を選び、自宅で試着することができる。InstagramのようなSNSと、Stitch Fixのようなパーソナルスタイリングサービスを掛け合わせた新サービスとして、注目されている。

今回は、Flip Fitの使い方と戦略、注目のポイントについて紹介していく。

Flip Fitの使い方

画像3

Image Credit : Flip Fit

使い方はまず、Flip Profile(フリッププロフィール)に好みのテイストやサイズといった、ユーザー情報を登録。次に、他のユーザーが投稿したアイテムに投票する。その後、お気に入りアイテムの類似商品や、スタイリストがFlip Profileを元に提案したアイテムをリクエストすると、6〜10アイテムが入ったボックスが自宅に届く。

届いたアイテムの試着写真をアプリにアップロードすると、アプリ上で繋がっている友人や他のユーザーからフィードバックを受けることができる。気に入ればそのまま購入し、購入しないアイテムは無料で返品できる。アイテム数は服や靴、アクセサリーなど全5,000種類でJ Brand(ジェーブランド)やEDWIN(エドウィン)を含む約500ブランドが登録している

画像3

Image Credit : Flip Fit

特徴的な仕組みの1つが、アプリ上で稼いだお金で服を購入できる点だ。友人を招待すると1人につき10ドル、他ユーザーを評価すると1ドル、1日あたり最大15ドルを獲得できる。他のユーザーの試着写真を閲覧しながらお金を稼ぐことができるのだ。

ユーザー体験としては、TikTokやSnapchatに近い。公開フィードにも、また友人限定の非公開フィードにもできるようになっている。

FlipFitの戦略

画像3

Image Credit : Flip Fit

Filip Fitは、販売商品のキャッシュから33%を得る。出荷と返品の送料を負担するため費用がかさむが、返送用伝票を予めボックスに入れるなど、返品プロセスをシームレスに行えるよう工夫されている。

返品を購入と同じくらい容易にすることで、廃棄されたり、クローゼットに眠ったままになる衣服を減らすことが狙いだ。

また、ユーザー数拡大の鍵を握るのがインフルエンサーだ。Flip Fitでは約3ヶ月間で500人程度のインフルエンサーを起用、SNSを通じてアプリでの投票を促す予定だ。インフルエンサーたちは代わりに、月2回アプリで利用できる150ドルを受け取るか、フォロワー数に応じて有料スポンサーと契約できる。

実店舗の体験に着目

Flip Fitは、ECの登場によって失われつつある、ショッピングの社会的側面に注目している。実店舗での購入では、一緒に買い物している家族や友人、店員からのアドバイスを参考に選ぶことできた。しかし、ECの購入が増えると、他人からファッションに関するアドバイスを受ける機会が減る。

Flip Fitはユーザー同士でコミュニケーションを取れる、InstagramのようなSNSの要素を取り入れることで、オフラインでしか不可能だったショッピングをめぐるコミュニケーションを、オンライン上で実現させたのだ。

服の購入は、自分に似合うか不安に思うことも多いだろう。友人だけでなく、見知らぬユーザーにも公開できるので、より客観的なフィードバックを得ることが可能に。そしてユーザー同士でのコミュニティができることで、そこから新たなトレンドが登場するかもしれない。

オンラインでのショッピング体験のアップデートを試みるFlip Fit、今後のユーザーの反応にも注目だ。


ーーー

ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
12
国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZOテクノロジーズが独自の視点で発信していきます。【公式Twitter開設しました】https://twitter.com/zt_ftn【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。