Fashion Tech News
Web3時代のデジタルファッションを追求するARアプリ「METADRIP」
見出し画像

Web3時代のデジタルファッションを追求するARアプリ「METADRIP」

Fashion Tech News

メタバースやNFT界隈で名を馳せている1BLOCK(株式会社1SEC)。すでに当メディアでは、バーチャルヒューマンやバーチャルスニーカーでお馴染みだ。

同社が、この度あらたに展開するのはデジタル化されたファッションアイテムをアプリ上で試着する「METADRIP」というアプリケーションだ。昨今のテクノロジーの進歩も相まって、デジタルアイテムの活用という点で非常に魅力的なサービスとなるだろう。

そこで今回、同社PRの小濱庸子さんに「METADRIP」のサービスに加えて、Web3への展望について伺った。

※全文はこちら

NFTを試着する

「METADRIP」は、AR(拡張現実)を通じてNFTデジタルファッションを試着可能にするアプリである。

このアプリを発表するに至った経緯は、同社が創設したデジタルファッションレーベル「1BLOCK」の3DCGのデジタルアセットにユーティリティを持たせ、新たな顧客体験を創造するためだという。

ここには、NFTファッションを単なるコレクタブルアイテムに留めないという狙いがある。

エコシステムの構築とNFTの展開

ZOZO_中央画像

「1BLOCK」は、Web3のエコシステムを多くの人に提供していこうという構想を持っている。そのなかで重要な役割を担うものが、プロフィール写真(PFP)であると考えているようだ。そこで生まれたのが「METASAMURAI」である。

「NFT・クリプト(暗号資産)ネイティブなユーザー、ゲーマーやファッショニスタまで、幅広い戦略を持っています」と小濱さんが語るように、同社のコレクタブルバーチャルスニーカー(NFT)「AIR SMOKE 1™」が約140万円(当時5ETH)で落札されたことは記憶に新しい。この背景にはNFTの広まり方の変化がある。

2021年末頃から「ユーティリティが付いたNFT」が主流となり、NFTの拡張性が重視されるようになってきた。

このような状況について小濱さんは、次のように語ってくれた。

「ただのデジタルアートではなく、UTILITYの可能性に魅力を感じている人が増えているように思います。最近では海外をはじめとした著名人がジェネラティブなNFT(コンピュータのアルゴリズムやAIなどの自律的なシステムによって自動生成される、偶然性のあるNFT)を購入し、PFPにしている光景もよく見かけします。またメタバースのDecentralandやサンドボックスでも利用できるNFTが増えてきている。」

著名人の影響から、NFTに興味を持つ人が増え続けている現状があるとはいえ、個々人が衣服と同じようにNFTを所有する社会の到来のためには、まだまだ壁があるだろう。

その解決のために、同社はWeb3スキーム独自のUTILITYを通して、さまざまなファッションの楽しみ方を追求していくとのことだ。

【関連記事】


Fashion Tech News
【公式サイトをリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/