2021年、ファッションテックのトレンドを徹底予測 !
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年、ファッションテックのトレンドを徹底予測 !

明けましておめでとうございます。2021年もファッションテックの最前線の情報を追い、ファッション×テクノロジーの可能性をお届けしていきたいと思います。2021年も最初の配信は、編集部が今年注目しているファッションテックの動向を紹介しながら、トレンドを予測してみます!

デジタルファッションショーはさらに多様化へ。

2020年はコロナ禍の影響下のなか、展示会やショーのデジタル化が押し進められました。リアルな場でのイベントができない状況で何をするか?というところで進められたデジタルな取り組みも、結果的には、これまでのやり方で抱えていた課題解決の手段としての価値が見出され、新しい可能性を開拓することとなりました。

ファッションショーなどのプレゼンテーションは、引き続きデジタル化が継続される可能性も大いにあるでしょう。3DCGの技術も日々進化しているなか、デザイナーはデジタルで発表することを前提としたコレクション制作に取り組んだり、ライブコマースと掛け合わされたりなど、多様な展開が期待されます。

サステナビリティは素材開発の競争に。

サステナビリティは一時的なトレンドではなく、業界全体で取り組む課題となっています。日本は2050年までにカーボンニュートラル達成を目指すことを宣言。今年も多くの企業、ブランドが様々な施策に取り組むことが期待されます。

こうしたサステナブルな取り組みとして、システム改革だけでなく、素材開発でもさらに多様なアプローチが登場しそうです。バイオファッションにも引き続き、注目していきたいと思います。

1人1体アバターを持つ時代へ?

長らくファッションテックの注目トピックであるバーチャルフィッティング。店舗で体験できる機会は増えている一方で、ECサイト上で個人ユーザーも使えるようになるのは、まだ実現していません。

しかし、3Dスキャン技術や機器も進化を続けており、パーソナルオーダーサービスのために店舗にスキャナーが導入される事例も増えてきました。そうすると期待されるのが、ECサイトやブランドの垣根を超えて使える汎用的アバターサービスの出現。

1人1対、ECでの試着用アバターを持つ日が来るかもしれません。また、バーチャルヒューマンの進化も目覚しく、有名人バーチャルヒューマンが増えることで、「分身」を作ることがより身近なものへと定着していくのかもしれません。

ウェアラブルデバイスは他業種との協業で普及へ。

ウェアラブルデバイスは一般普及を目指すため、ニーズを探っていくフェーズが続いていました。防寒や熱中症対策、スマートフォンの操作などの機能を持ち、一般ユーザーが購入できるものも増えてきました。

現在の潮流は、通常のファッションアイテムの代替を目指すよりも、他業種と協業して新たな可能性を探ること。特にゲームとの掛け合わせは、VRゲームも普及するなかで大きな可能性がありそうです。

衣服を介して心拍数や体温などのデータを把握したところで、一般ユーザーがそれを健康維持に活用することは難しいでしょう。そのため、取得データから健康をサポートするようなサービスと掛け合わせて展開していく必要があります。そのため、睡眠や予防医療といった方向から、様々なサービスが登場するかもしれません。

また、福祉領域での活用も大きな可能性を秘めています。見守りサービスとして、高齢者や乳幼児向けのプロダクトや、マタニティサービスなどにも展開が期待できそうです。

ファクトリーテックの加速へ

コロナ禍の状況下では、生産拠点の見直しや効率化が課題となりました。そうした中で、新たな製造工場管理システムが登場しています。

また、縫製機器の進化も目覚しく、AIと掛け合わせて自動化や効率化が進んでいます。そうすることで、迅速に生産に対応することが可能となり、受注生産型のサービス、マイクロファクトリー併設店舗のようなものも加速していくかもしれません。

二次流通の増加でAI鑑定士の需要が高まる?

ライフスタイルの変化や価値観の変化に伴って、拡大している二次流通市場。そこで、買取査定へのAI導入が進んでいます。現在はブランド品の鑑定からスタートしていますが、商品情報のデータネットワークと結びついていくことで、より幅広く使われることが期待できるでしょう。

2021年のFashionTechNews

いかがでしたか?2021年はどんなサービスや製品が登場するか、楽しみですね。今年のFashionTechNewsは、こういったサービスや製品、研究を紹介していきながら、それらがファッションの未来をどう形作っていくか、考え、議論する場となることを目指し、色々な企画をお届けしていきます。ぜひ、ご期待ください。

2021年も、FashionTechNewsをよろしくお願い致します。


ーーー

ZOZO FashionTechNewsのTwitterができました。【Twitter

ZOZOテクノロジーズでは、ファッションとテクノロジーに関する事業・研究を行っております。【ZOZOテクノロジーズ】【ZOZO研究所


ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
【サイトリニューアルしました】https://fashiontechnews.zozo.com/ 今後は記事の配信はこちらのWebサイトから、noteでは記事の裏側などをお伝えしていきます。