見出し画像

伊勢丹の足型3D計測器、オンラインとオフラインを繋ぐシームレスな買い物体験を提供

伊勢丹新宿店がパーソナルな靴選びができる「your FIT 365」のサービスを開始する。

サービス開始は2019年8月28日、伊勢丹本館2階の婦人靴フロアがリニューアルするタイミングだ。婦人靴フロアのリニューアルは約7年ぶりで、オフライン(店頭)だけでなくオンラインと掛け合わせた購入体験を提供していく。

Image Credit : 伊勢丹

データ活用でシームレスな購入体験を

今回のリニューアルに伴い伊勢丹が提供を開始するのは足を3D計測しブランドの靴データと照合してお客に合った靴を提供するyour FIT 365。

計測方法は簡単で、箱のような3D足型計測器に片足を入れ数分待つだけ。その後、各ブランドの靴の木型データと照合し、その結果とお客の好みをもとに店員が靴を紹介してくれる。
また、お客は計測したデータを、リニューアル時にリリースされる専用のアプリでも確認することができる。店頭で購入を悩み家に帰った時や、忙しくて店頭に行けない時でもアプリで詳細な自分の足のサイズと足に合った靴が見られるので、オンラインでの購入がよりスムーズになる。

このサービスの注目したいポイントは主に2つある。

1.大手百貨店の伊勢丹ならではのコミュニティがあること
2.パンプスに絞ってサービスを開始すること

1.大手百貨店の伊勢丹ならではのコミュニティがあること

your FIT 365では足のサイズを計測後にブランドの靴のデータと照合するが、これは簡単にできることではない。
まずシューズブランドの木型データというのはブランドにとって心臓のようなもの。その情報を他社に提供すること自体異例だ。今回伊勢丹は10ブランド約1000種類のデータをブランドに提供してもらったという。ブランドが信頼を寄せている大手百貨店の伊勢丹だからこそできるサービスだ。

2.パンプスに絞ってサービスを開始すること

もう一つは、初めにパンプスを中心に木型データを集めたということだ。
靴は0.5cm刻みでサイズ展開があり、若干サイズが合わなくても着用できる服と違いサイズの合う合わないは靴選びでは重要なポイントとなる。
中でも、スニーカーとパンプスではその重要度が違う。足の甲が覆われていないパンプスはサイズに加えソールや幅のフィット感がより重要になってくる。そのため自分のサイズに合う好みのパンプスを見つけるのは難しく、中々合うものが見つからないという人も少なくないだろう。そう考えると今回伊勢丹がパンプスの木型データから集めたことは流石といえるだろう。


服のパーソナライズ化が進んできた今、よりサイズ感が重要視される靴選びに焦点を合わせ最新テクノロジーを導入した伊勢丹。ファッション業界でテクノロジーを導入することは必須と言っても過言ではないだろう。


ーーー
ZOZO研究所では、ファッションに関する研究を行っております。
ZOZO研究所に関してはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
9

ZOZO FashionTechNews

国内外のファッション×テクノロジーのニュースを、ZOZO研究所が独自の視点で発信していきます。ZOZO研究所→https://research.zozo.com/ #ファッションテック

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。