コラム

6
ノート

【コラム】デジタル技術が生み出す、ファッションの新たな役割

ファッションは人間中心主義的なもの--ファッション研究者のANNAMARI VÄNSKÄはそう言う[1]。また彼女は人間にとっての「ファッション」という行為を...

【コラム】1杯のタピオカドリンクよりも安く、1枚の服が買える時代に

1杯のタピオカドリンクよりも安く、1枚の服が買える。一方で、物質としての実体のない仮想上のドレスには、100万円の値段がつく。そんな時代に私たちは...

【コラム】“服”を売らない、は成立する?ーVRファッションの可能性

服は“モノ”だ。触れることができ、身に着けることができる。なので服を作ることは、着る人の身体を美しくみせるシルエットや着心地を考えることでもあ...

【コラム】ウェアラブルは定着する?ーファッションテックがマルチツールとなる難しさ

アニメや映画のなかにでてくる秘密兵器でしかなかったウェアラブルコンピューターも、もう一般消費者の私たちでも手にすることができるようになった。な...

【コラム】デザイナーはテクノロジーとどう向き合うのか?ファッションテックから紡ぐ新...

2019年2月19日、ファッション界の皇帝と言われたデザイナー、Karl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)の他界が報じられた。 複数のブランドを手がけ、...

【コラム】実物をみなくても買えるーテクノロジーが描く新しい購買体験とは?

インターネット上の服には触れない。実物をみなくても買う。 それは私たちにとってはもう、当たり前なのかもしれない。ほとんどECでしか服を買わなくな...